タグ別アーカイブ: 新種

クマノザクラの芽がでてきました!

紀伊半島南部のみで生息が確認されているクマノザクラ。2018年に100年ぶりの新種として発表されてから早くも2年です。分布地域の真っただ中で活動している当会では、実生苗による増殖をしています。今年も黒く熟した小さいサクランボのような実を、樹の持ち主の許可を得て採取しました。

新種とはいうものの、当地では以前より「早咲きでピンク色の強い花が咲く山桜がある」として知られていました。その樹ごとに花びらの色、葉の色、咲く時期、周囲の樹木とのコントラストが違い、毎年多様な姿を見せてくれています。自然の風景を評して楽しむ地元の人の中では「どこそこの山桜が美しい」「あそこの川向うのも中々良い」などと話題にして楽しんでいたものです。

この苗木たちも、将来どんな姿を見せてくれるかとても楽しみです!